【子育て中のママ必見】おすすめヘアスタイルを長さごとにご紹介|髪型を考えるときに意識したいポイントやおしゃれを楽しむ方法も!

子育て

「子育て中は楽な髪型にしたい!」「でもおしゃれは諦めたくない…」このように考えるママはたくさんいるはずです。この記事では子育てに忙しいママが髪型を考えるときのポイントや、長さ別におすすめしたいヘアスタイルについてご紹介します。

Contents

スポンサーリンク

子育て中の髪型を考えるときに意識したい3つのポイント

子育て中の髪型を考えるときに意識したい3つのポイント

子育て中の髪型を考えるときに意識したいポイントは、以下の3つが挙げられます。

  1. スタイリング不要な髪型にする
  2. アレンジ可能な髪型にする
  3. お手入れがいらない髪型にする

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。

1.スタイリング不要な髪型にする

忙しい子育て中の髪型は、スタイリングしなくてもおしゃれに決まる髪型が最適です。

たとえば、前髪をなしにしたり、ショートヘアにして乾かすだけでまとめられる髪型などがおすすめです。自分の髪質に合った長さから考えるようにしてみてください。

2.アレンジ可能な髪型にする

少しでもおしゃれを楽しみたい人は、アレンジ可能な髪型を意識してみましょう。アレンジといっても、時間をかけて凝ったヘアスタイルではなく、短時間でおしゃれに決まるものもたくさんあります。

たとえば、ヘアピンやバレッタで留めるだけでもおしゃれになりますし、カラーリングに抵抗がなければ、インナーカラーを入れてみるのもおすすめです。

インナーカラーは、髪を結ぶ場所や量によって印象が変わります。また派手に感じやすい色でも、おしゃれに決まりやすいことが特徴です。

3.お手入れがいらない髪型にする

お手入れしなくてもいい髪型も子育て中に最適です。髪質によって、お手入れの内容や頻度は変わりますので、美容師さんに相談しながら髪型を検討してみてください。

また、パーマをかけると、毎朝巻かなくても動きがあるスタイルに決まるため、手間をかけなくてもおしゃれさを演出できるでしょう。髪を乾かしながら手ぐしで整えるだけで、おしゃれなヘアスタイルになります。

【ショート】子育て中におすすめしたい髪型3選

【ショート】子育て中におすすめしたい髪型3選

子育て中におすすめしたい髪型「ショートスタイル」を3つ選んでご紹介します。

1.シルエットが美しいショートヘア

産後で髪のボリュームが気になるママも少なくないでしょう。特に後頭部がペタンとしてしまい、髪型が上手く決まらないことが悩みだということも考えられます。

そんな場合、カットで自然な丸みを作れるヘアスタイルがおすすめです。どうしてもボリュームが出づらいときには、ワンカールパーマをかけてみてください。スタイリングが楽にできておしゃれに決まります。

2.透明感を感じさせるショートヘア

カットで自然な丸みのあるヘアスタイルに加えて、ダメージが少ないカラーリングを組み合わせた髪型です。ダメージが少ないカラーリングと組み合わせると、ドライヤーやアイロンを使わなくても髪型が決まりやすいため、子育て中のママにおすすめです。

過度なダメージを与えないため、健康的な髪の毛を取り戻したい人にも適しています。おしゃれなだけでなく、髪を休ませる効果も期待できるでしょう。

3.こなれ感を演出できるショートヘア

家事・育児にと忙しく、髪のお手入れに時間をかけたくない子育てママにぴったりの髪型です。

しかし、初めてショートヘアにする人には、抵抗感があるかもしれません。そんな場合、サイドを長めに残すと、取り入れやすいでしょう。また、長めの前髪とレイヤーを入れたサイドは、フェイスラインをカバーする効果も期待できます。

スポンサーリンク

【ボブ】子育て中におすすめしたい髪型3選

【ボブ】子育て中におすすめしたい髪型3選

子育て中におすすめしたい髪型「ボブスタイル」を3つ選んでご紹介します。

1.スタイリングなしで決まるボブスタイル

カットだけでは、髪の毛がまとまりづらい人には、パーマを組み合わせたボブスタイルがおすすめです。

ダメージを抑えながら、おしゃれなスタイルに決まるワンカールパーマをしてもらうと、ボリュームアップとスタイリングしなくても決まる髪型に仕上がります。手間をかけなくてもおしゃれに決まるスタイルは、子育てで忙しいママに最適です。

2.フェイスラインをカバーできるボブスタイル

頬の丸みが気になる人におすすめしたいのが、前髪なしのボブスタイルです。前髪なしのボブスタイルであれば、サイドの髪の毛で頬を隠せるため、フェイスラインをカバーしたヘアスタイルを作れます。

また、長い前髪を顔にかけるようにスタイリングすると、小顔効果を強調できるでしょう。ドライヤーをかけるだけでおしゃれに決まる内巻きのボブスタイルは、簡単に可愛らしい印象を作れます。

3.大人可愛いを演出できるボブスタイル

子育て中のママでも「可愛らしい雰囲気を諦めたくない」と思う人に人気となっているのが、前髪ありのボブスタイルです。少し長めの前髪があると、小顔効果も期待できます。

カットで毛先が中に入るようにしたボブスタイルは、ハンドブローだけでも美しいシルエットが作れるでしょう。育児や家事で忙しくても、簡単におしゃれな雰囲気を演出できます。

【ミディアム】子育て中におすすめしたい髪型3選

【ミディアム】子育て中におすすめしたい髪型3選

子育て中におすすめしたい髪型「ミディアムスタイル」を3つ選んでご紹介します。

1.軽やかな印象を与えるミディアムヘア

レイヤーを入れた毛先だけパーマをかけたミディアムヘアは、すとんと落ちるシルエットが印象的となりますが、重くなりすぎないバランスに仕上げることができるでしょう。毛先にレイヤーを入れて動きを出せば、黒髪でも重さを感じさせません。

また、立体感が出るハイライトもおすすめです。色落ちしづらいハイライトを入れると、美容室に頻繁に通わなくてもおしゃれさが長続きします。

2.フェイスラインをカバーできるミディアムヘア

フェイスラインが気になる人には、前髪なしのミディアムヘアがおすすめです。縦長ラインを作ることによってフェイスラインをカバーする効果があります。

また、毛先だけワンカールをつけた髪型はスタイリングしやすく、短時間でおしゃれな雰囲気を演出できるでしょう。大人っぽい印象に仕上げたい人に最適なヘアスタイルです。

3.毛先のハネでボリュームアップできるミディアムヘア

産後で髪の毛のボリュームが気になるママには、ショートカットのヘアスタイルが人気です。しかし、レイヤーでトップをふんわりと仕上げるミディアムスタイルもおすすめします。

あごから鎖骨にかけてレイヤーをたくさん入れると、髪がボリュームアップしているように見えます。スタイリングも簡単で、ちょっとしたブローをかけてあげれば、パーマをかけなくてもきれいな外ハネを作れるのも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

【ロング】子育て中におすすめしたい髪型3選

【ロング】子育て中におすすめしたい髪型3選

子育て中におすすめしたい髪型「ロングスタイル」を3つ選んでご紹介します。

1.動きを感じさせるロングヘア

前髪なしの暗髪ロングは、少しきつい印象に仕上がってしまいがちです。しかしゆるめのパーマを組み合わせることによって、動きをつけてあげれば軽い印象を与える髪型が作れます。

ロングヘアであれば、髪の中間から毛先にかけてパーマをかけると、動きが出る面積が大きいため、スタイリングも楽に決まるでしょう。また、頭皮にパーマ液がつきにくいため、頭皮のダメージを抑えたい人にも安心です。

2.まとまりやすいロングヘア

産後もロングヘアにしたい人におすすめしたいのは、全体的にレイヤーを入れて軽やかさを演出できるヘアスタイルです。

レイヤーを取り入れることによって、黒髪やパーマをかけないストレートロングスタイルでも、重さを感じさせずに可愛い雰囲気を作れるでしょう。さっと髪をまとめるだけで、スタイリングが決まるのもうれしいポイントです。

3.抜け感がおしゃれなロングヘア

落ち着きのある黒髪と動きを両立させたロングヘアは抜け感を演出できます。レイヤーと毛先に入ったワンカールにより、落ち着いた髪色でも動きを感じさせる髪型を実現できるでしょう。

また、パーマで付けたワンカールは、ハンドブローだけでも簡単にヘアスタイルが決まるのもうれしいポイントです。

子育て中でも簡単にスタイリング・おしゃれする3つの方法

子育て中でも簡単にスタイリング・おしゃれする3つの方法

子育て中でも簡単にスタイリング・おしゃれする方法は、以下の3つが挙げられます。

  1. ヘアアクセサリーを取り入れる
  2. パーマをかける
  3. シャンプーやスタイリング剤を変えてみる

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。

1.ヘアアクセサリーを取り入れる

かわいいシュシュやヘアゴムなどのヘアアクセサリーを取り入れると、髪をまとめるだけでもおしゃれさを演出できます。

プチプラでそろえられるものも多いため、気分やシチュエーションに合わせられるようにいくつか用意しておくとよいでしょう。ショートヘアの人には、ヘアバンドやカチューシャ、スカーフなどのアイテムをおすすめします。

2.パーマをかける

パーマは簡単にスタイリングが決まるため、忙しい子育て中のママにおすすめです。ブローしながら伸ばす・アイロンで巻くなどの手間をかけなくても、おしゃれなヘアスタイルに決まります。

また、ヘアオイルやワックスを軽く揉み込むだけでスタイルが決まるため、朝のセットに時間をかけなくてもよいことがポイントです。時短しながらおしゃれさを楽しみたい人は、パーマを取り入れてみることをおすすめします。

3.シャンプーやスタイリング剤を変えてみる

シャンプーやスタイリング剤を変えてみるのもおすすめです。髪質や悩みに合ったものを取り入れると、髪の内側からケアすることにつながります。

髪がツヤツヤ・サラサラになることによって、スタイリングにかける時間を短縮する効果も期待できるでしょう。ただし出産後のママは、頭皮が過敏になっていることが多いため、刺激が少ないものから選んでみてください。

スポンサーリンク

子育て中の髪型についてよくある3つの質問

子育て中の髪型についてよくある3つの質問

子育て中の髪型についてよくある質問には、以下の3つが挙げられます。

  • 質問1.子育てに最適な髪型は?
  • 質問2.一番節約できる髪型は何ですか?
  • 質問3.産後の抜け毛が気になりますが、何か対策はありますか?

ここではそれぞれに分けて解説しますので、詳しく見ていきましょう。

質問1.子育てに最適な髪型は?

子どもが小さいうちは、セットやお手入れが簡単にできる髪型がおすすめです。出産後に人気があるスタイルはミディアムスタイルです。また、ボブ・セミロングを選ぶ人もいます。

しかし、髪質や悩みによってショートスタイルが最適な場合もあります。一度、美容師に相談したうえで好みの髪型を選ぶようにしてみてください。

質問2.一番節約できる髪型は何ですか?

髪形にはいろいろなものがありますが、一番節約につながるのは「パーマをかけないセミロング」です。理由はさまざまありますが、主な理由は以下の通りです。

  • ロングヘアよりもシャンプーや整髪料が少なくて済む
  • 乾かす時間が短くて済む
  • 美容院へ通う頻度が少なくてもおしゃれさが長続きする

乾かす時間やシャンプーの楽さから考えるとショートヘアが節約につながるように感じますが、ショートヘアはこまめに美容室に通わなければおしゃれさをキープするのが難しいため、節約には不向きだといえるでしょう。

質問3.産後の抜け毛が気になりますが、何か対策はありますか?

産後は多くのママが抜け毛を経験しますが、産後半年を過ぎると落ち着いてくることがほとんどです。ただし産後の抜け毛が気になる人は、分娩後脱毛症のおそれがあります。まずはストレスを溜めないようにし、規則正しい生活を心がけましょう。

産後は忙しい毎日となるため、栄養と睡眠時間を確保するのは難しいかもしれませんが、栄養バランスのよい食事と睡眠をたっぷりと取ることが重要です。

まとめ

まとめ

子育て中の髪型について解説しました。日常的なお手入れやスタイリングにかけられる時間を考えて、自分に合った長さ・スタイルから検討してみてください。

また、ヘアアクセサリーやパーマを取り入れることによって、時間をかけなくてもおしゃれに決まります。子育てで忙しくても、少しの時間で楽しくおしゃれを楽しみましょう。

ちなみに、次のページでは、子育て中でも楽しめる趣味を10選紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

関連記事

特集記事

運営会社

ランキング

  1. 1

    【例文付き】卒園文集の親から子へのメッセージの書き方!注意点もご紹介

  2. 2

    【2023年最新】保育園入園における点数計算のシミュレーション|点数を上げる3つの方法も紹介します!

  3. 3

    保育料の計算方法とは?目安や自治体ごとの違いがある理由まで徹底解説

カテゴリー

最近の記事 特集記事
  1. 保育園の転園に最適なタイミングはある?転園しやすい時期や手続き、注意点を徹底解説!

  2. 0歳児の慣らし保育スケジュールはどう進める?平均期間や過ごし方のポイントを徹底解説!

  3. 保育サービスとは?ライフスタイルにあわせて利用できる施設・サービスをご紹介!

  1. 保育園の転園に最適なタイミングはある?転園しやすい時期や手続き、注意点を徹底解説!

  2. 0歳児の慣らし保育スケジュールはどう進める?平均期間や過ごし方のポイントを徹底解説!

  3. 保育サービスとは?ライフスタイルにあわせて利用できる施設・サービスをご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
TOP