子育て中はネイルできない?産後ママもネイルを楽しむポイントやおすすめデザインをご紹介

子育て

「子育て中のママはネイルをしない方がいいの?」子育て中であっても、オシャレを楽しみたいママは多いでしょう。

しかし周りの目が気になったり、そもそもネイルをした手で子どもに触れても大丈夫なのか心配になったりと、悩んではいないでしょうか?ネイルは子育て中でも楽しめますし、ご自分のタイミングで大丈夫です。

本記事では子育て中にネイルを諦めてしまう理由や、ネイルを楽しむためのポイントを紹介します。子育て中のママにおすすめなネイルデザインも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

子育て中のママはネイルできない?

子育て中のママはネイルできない?

子育て中でも、ネイルを楽しむことはできます。特に産後であれば、ネイルに関して制限する必要はありませんので、いつ始めても大丈夫です。

とはいえ、いつからネイルを始めていいのか、悩んでいるママも少なくありません。ネイルを楽しむタイミングはママそれぞれの状況によって異なります。

自宅でお子さんを見ている場合は、お昼寝のタイミングがおすすめです。起きてしまったときに対応してくれる人がいれば安心して楽しめます。ネイルが乾く時間も含めて、まとまった時間がとれるときに楽しんでください。

子育て中のネイルを諦めてしまう4つの理由

子育て中のネイルを諦めてしまう4つの理由

子育て中のママがネイルを諦めてしまう理由は以下の4つが挙げられます。

  1. 安全面が心配
  2. 時間がとれない
  3. お金がかかる
  4. 周囲の目が気になる

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

1.安全面が心配

子育て中のネイルを諦めてしまう理由の一つに、子どもの安全面に影響してしまう可能性があることが挙げられます。

ネイルするために爪を伸ばすことで、誤って子どもを傷つけてしまう場合があります。ほかにも、小さなお子さんがいる場合、ネイル用品の誤飲にも注意が必要です。

また、ネイルポリッシュやリムーバーには、アレルギー物質が含まれているものが多いため、子どもへの影響を心配されるケースもあります。

2.時間がとれない

ネイルする時間がとれないのも、ママがネイルを諦める理由の一つです。

特に産後は赤ちゃんのお世話で睡眠時間も思うようにとれないママも多く、ネイルに時間を割くことができずに諦めやすいでしょう。

時間ができたとしてもほかの用事や家事に追われて、ネイルを楽しむ時間をつくるのが難しく、自然に諦めてしまうママも多いのが現状です

3.お金がかかる

子どもが産まれると、想像以上に子ども用品にお金がかかり、ネイルにお金をかけるのが難しくなる場合があります。自分のネイル用品にお金を使うより、子どものためにお金を使いたいと考えるママも少なくありません。

特に出産前までネイルサロンに通っていた場合、ネイルサロン代を節約しようと考えて諦めるママもいます。

4.周囲の目が気になる

子どもが産まれると、ネイルをしていることに対して批判されるケースもあります。

特に年配の方のなかには、ネイルをしている手で食事の支度をすることを嫌がる人も多い傾向にあります。他にも産後は、赤ちゃんのためにも子育てに専念して、ママはオシャレを諦めるべきだと考えている人もいます。

そのため周囲の目が気になり、ネイルをすることを諦めてしまうママもいます。

スポンサーリンク

子育て中のネイルを楽しむ3つのポイント

子育て中のネイルを楽しむ3つのポイント

子育て中にネイルを楽しむための3つのポイントは、以下のとおりです。

  1. 爪の長さは短めにする
  2. 装飾は控えめにする
  3. オン・オフしやすい

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント1.爪の長さは短めにする

子育て中のママは子どもと触れ合う機会が多いため、安全のために爪の長さを短めにしましょう。

ふとした瞬間に、誤って爪で子どもにケガをさせてしまわないためにも大切なポイントです。どんなに気を付けていても、反射的に動かした手が子どもに当たる可能性はあります。

爪を短めにすることで、ママも安心してネイルを楽しめるでしょう。

ポイント2.装飾は控えめにする

ネイルの装飾は控えめにしましょう。ストーンや凹凸のある装飾は、子どものお世話や家事をするときに邪魔になる可能性が高いです。

また装飾が外れてしまった場合、子どもが誤って誤飲する可能性もありますので注意が必要です。外れにくい控えめな装飾が、ママがネイルを楽しむポイントです。

ポイント3.オン・オフしやすい

ネイルのオン・オフのしやすさもポイントの一つです。子育て中は毎日が忙しいため、なるべく時間をかけないネイルで楽しめるよう心がけると良いでしょう。

オン・オフに時間や手間がかかるネイルは、それ自体がママにとってストレスになってしまう可能性もあります。オン・オフのしやすさは、ネイルを楽しむために大切なポイントです。

子育て中のママにおすすめなネイルデザイン3選

子育て中のママにおすすめなネイルデザイン3選

ここでは、子育て中のママにおすすめしたいネイルデザイン3選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてネイルを楽しんでください。

1.指先がきれいに見えるシンプルで上品なデザイン

子育て中のママにおすすめしたいのが、指先をきれいに見せる効果があるシンプルなデザインのネイルです。具体的なデザインは以下で紹介します。

  • ベージュやピンク:肌なじみが良く上品に見せる効果がある
  • グラデーションデザイン:爪を長く見せる効果があり、手先がきれいに見える
  • 2カラーデザイン:飽きにくいデザイン

シンプルなカラーは上品で手先がきれいに見えます。またカラーを増やすことで、飽きにくいデザインも可能です。

2.ストーンやラメが華やかなワンポイントデザイン

カラーのみのネイルに飽きてしまったら、ワンポイントデザインもおすすめです。

  • 「小さめのスタッズやストーン」でアクセントをつける
  • ホログラムやストーンの「色や種類」を変えてアレンジを広げる
  • 利き手の人差し指はシンプルにする

子育て中のネイルの装飾は、子どものお世話や家事の邪魔にならないサイズ感が大切です。同じ装飾でも、カラーを変更することでアレンジも広がります。

3.伸びても目立ちにくいクリアベースデザイン

クリアベースのデザインであれば、爪が伸びても目立ちにくいため子育て中の忙しいママにおすすめのデザインです。

クリアベースに、ちょっとしたデザインを入れるとアクセントになります。ほかのカラーでポイントになるデザインを入れたり、ストーンやホログラムで装飾したデザインも素敵です。忙しくて放置してしまっても、しばらくは気にならないのがクリアベースデザインのメリットです。

スポンサーリンク

子育て中 ネイルに関するよくある質問

子育て中 ネイルに関するよくある質問

子育て中のネイルに関するよくある質問を3つ、厳選して紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

質問1.ネイルをできるだけ長く楽しむコツはある?

ネイルをできるだけ長く楽しむためのコツは、家事や料理などで手先を使う際に、ゴム手袋を着用することです。手先を使うと、ネイルの強度が弱まり剥がれやすくなります。

ゴム手袋を使うことで、素手で家事をするよりかはネイルも長持ちするためおすすめです。また直接水に触れる機会を減らすことで、手先の荒れも予防できるメリットもあります。

質問2.子育て中はセルフネイルとネイルサロンのどちらが良い?

子育て中に、ネイルサロンに通うための時間や費用に余裕がない場合は、セルフネイルがおすすめです。とはいえネイルサロンは、子育て中の息抜きにもなるでしょう。サロンの中には子ども連れもOKな店舗もありますので、探してみてください。

最近では自宅でセルフネイルができるキットの種類も増えています。まとまった時間がとれない場合や自分でデザインしたい方は、キットがおすすめです。

質問3.ネイルをしなくても指先を綺麗にしたい。

ネイルをしなくても指先を綺麗にしたいママは、ネイルオイルやハンドクリームで手先のケアを行いましょう。

ネイルオイルは爪先にツヤが出るため、手が綺麗に見えやすくなるでしょう。ハンドクリームもすぐに使えるようにキッチンに置いたり、赤ちゃん用のクリームで代用したりと工夫することで、手先のツヤを保てます。

まとめ

まとめ

子育て中にネイルをしたいママは、ネイルの時間を確保さえすれば、ご自分のタイミングでいつ始めても問題ありません。

ただし子どもにケガをさせてしまわないように、爪は短くしてネイルをするようにしましょう。誤飲する恐れのある凹凸のある装飾やストーンデザインも避けた方が安全です。

紹介したネイルデザインで、子育て中のママでもネイルを楽しんでください。ちなみに次のページでは、子育て中でも楽しめる趣味について紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

関連記事

特集記事

運営会社

ランキング

  1. 1

    【例文付き】卒園文集の親から子へのメッセージの書き方!注意点もご紹介

  2. 2

    【2023年最新】保育園入園における点数計算のシミュレーション|点数を上げる3つの方法も紹介します!

  3. 3

    保育料の計算方法とは?目安や自治体ごとの違いがある理由まで徹底解説

カテゴリー

最近の記事 特集記事
  1. 保育園の転園に最適なタイミングはある?転園しやすい時期や手続き、注意点を徹底解説!

  2. 0歳児の慣らし保育スケジュールはどう進める?平均期間や過ごし方のポイントを徹底解説!

  3. 保育サービスとは?ライフスタイルにあわせて利用できる施設・サービスをご紹介!

  1. 保育園の転園に最適なタイミングはある?転園しやすい時期や手続き、注意点を徹底解説!

  2. 0歳児の慣らし保育スケジュールはどう進める?平均期間や過ごし方のポイントを徹底解説!

  3. 保育サービスとは?ライフスタイルにあわせて利用できる施設・サービスをご紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
TOP